2018年2月1日~8日と総評

8A37B868-53BE-4050-9A0D-41D0C02CF70C.jpg

去年の7月にはじめた還元くんライフももう7ヶ月目で2月突入。
今回の特に寒い冬は還元くん、ありがとうボトル、白ボトル、、ご利用の方々は寒さ対策どうしているんだろう・・と思いつつ、ちょこっとヨーグルトメーカーのお力を借りてみる。

見開き2ページ分の記録ノートは写真だとよく見えないようなので、1ページ分をUPします。
えんぴつ書きであしからず。

日にち、内容、量、製造(放置)時間、ORP値

※温度計で測ることもあれば指先の感覚で決めることもあるが、だいたい40℃ぐらいのお湯とお茶パックを還元くんのボトルに投入してつくります。

2月1日
有機ダージリン紅茶(麻布紅茶)
 2gTB 9h -506mV
ぬる~いお湯で、
ヨーグルトメーカー25℃にて放置

2月2日
カバノアナタケ茶(チャガティー)
 3gTB 12h +193、、
 ㋹ ←レッグウォーマー着用の意
 、、はゆっくり計測の意

ロシア材料原産のチャガとかチャーガと言われるきのこのお茶。
和名は、カバノアナタケ(樺穴茸)。
シベリアの白樺などに2万本に1本の割合でしか寄生しない希少価値の高いキノコ。
栄養素がすごい。

CB2EA77B-61E9-4464-881D-5655F8ABF0FE.jpg

展示会で半額以下で売っていたので購入。
期待したのになぁ・・

ゆっくり還元方向に数値は動くがプラス(+)って!

3gは少なかったのか。
気温が低すぎたのか。


2月3日
抹茶入り有機煎茶(百仙)
 2gTB 12h -511
 ㋹

2月4日
【新】新しく購入
黒豆茶(小川生薬)
 3gTB 12h -528
 ㋹

2月5日 
松葉茶(赤松の葉・枝)
 3gTB 12h -491
※成分は冷めると茶葉に吸収されると注意書きがあったのでヨーグルトメーカー25℃で保管(放置)。

2月6日
びわの葉茶(オーサワ)
 3gTB 12h -521
 ㋹

2月7日
カバノアナタケ茶(チャガティー)
 3gTB×2パック
ヨーグルトメーカー25℃にて
12h -214
前回のリベンジ。
2パックに増やし、温度を保ったら還元水素茶になった。
そうでなくても色の濃いお茶だったが、めんつゆにそっくり。
色は濃いけど、味は想像ほど濃くないっす。

4DC8F461-046E-4374-A6CE-5DB92B717EC0.jpg
E6E8B666-0F7C-44F0-9C28-40A56E6861C7.jpg


2月8日
ごぼう茶(鹿北製油)
 2gTB 12h -459
 ㋹

振り回された~チャガのお茶に!
えのきだけを10本ぐらい入れた方(去年11月24日の記録)が水素量すごいっていう(笑)
βグルカンも豊富に含まれて、ガンにもいいのかなって期待したくなるが、えのきだけで十分かもしれないとか思ってしまう結果。
もう何度か酸化還元電位を測らないと。

あ~、自分の定番の水素茶探しはまだまだ続きそうだな。


※酸化還元電位(ORP)とは?
酸化還元電位というのは、その物質が他の物質を酸化しやすい状態にするのか、または還元しやすい状態にするのかを表す指標です。この値がプラスで大きければ酸化力が強く、マイナスが大きければ還元力が強いということになります。
簡単に言えば酸化(錆びる、腐る、老化を意味する)したものを還元する(元に戻す)能力を示す指標ということになります。
(還元くん3・チラシより)




健康法ランキング

この記事へのコメント

健康のベース(根本療法)は
 → 脳幹トレーニング(NKクッションに乗ること)
対症療法、病気予防の筆頭は
 → 低電位水素茶製造ボトル・還元くんの利用 と考えます。