2018年2月9日~15日と総評

EEAA7012-0056-4E88-B015-6D34BE718B23.jpg


還元くん3を使っての還元くんライフも今日でまるまる7ヶ月終了だ。
三日坊主の私がよくぞここまで・・。
だんだんと、安定感のあるお茶(お茶以外も!)がわかってきた。
(今までの酸化還元電位の記録をご覧ください)


日にち、内容、量、製造(放置)時間、ORP値

※温度計で測ることもあれば指先の感覚で決めることもあるが、だいたい40℃ぐらいのお湯とお茶パックを還元くんのボトルに投入してつくります。

2月9日
有機ダージリン紅茶(麻布紅茶)
 2gTB 12h -499mV
 ㋹ ←レッグウォーマー着用の意

あともうひといきで-500行ったのに。
こういう時は、ORP計を軽く横に振ると数値がまた還元方向へ行ったりするけど、頑として動かなかった。


20106369-9E9D-4318-BC15-C8D1AFFD8FE7.jpg

乾燥松の葉(無農薬・兵庫産)
 適当にお茶パックにいれたはず。
(ノートに書き忘れたもよう)
 12h -501
 ヨーグルトメーカー25℃で保管


2月10日
胚芽米(無農薬)
 TS1杯をぬるま湯ですすいで
 ヨーグルトメーカー25℃で保管
 11h -539
  
2月11日
抹茶入り有機煎茶(百仙)
 2gTB 12h -508
 ㋹

2月12日
はとむぎ茶(鳥取産)
 7gTB 13h -318、、
ヨーグルトメーカー25℃で保管12h
常温で1h

※、、はゆっくり計測の意

 
2月13日 
有機黒豆茶(小川生薬)
 3gTB 12h -523
 ㋹

2月14日
松葉茶(赤松の葉・枝)
 3gTB 12h -482、、
 ヨーグルトメーカー25℃で保管

2月15日
カバノアナタケ茶(チャガティー)
 3gTB
 ヨーグルトメーカー25℃にて
 12h +11、、
10分計測してるがゆっくりすぎる。
還元の方向へ向かってはいるが仕方ない+のまま記録。

カバノアナタケ茶(チャガティー)は実際のところどうなんだろう。
不安定茶に分類せねばならない、残念ながら。

私の中で不安定茶に分類されたお茶はどうなるか。
たまに自ら温かいお茶(普通の)を作って水筒に入れて出勤する旦那に「使っていいよ」と消費を促す。

ヨーグルトメーカーで25℃を保ちながら水素茶を作っても、レッグウォーマーをかぶせて梱包材でくるんで最後の方は冷たくなる状況で水素茶を作っても、しっかり超還元水素茶ができるお茶は安定して(還元力の)高い数値を出す。
例年にない寒さのこの冬、寒い我が家の台所であっても。

保温の方法はいろいろあるようだ。
ちょうどいい保冷ケースに湯たんぽ的なものと一緒に保管したり、大きな鍋に湯煎状態だったり。、、
還元くんにいかに愛情をかけられるかも試されているような。

とかいいつつ、「あー、早く夏が来ないかなぁ。」と心の声が(笑)


そして本日、他では絶対手に入らない新しい還元くん2色ボトル、お友達より早速購入希望との連絡。
無地バージョンを選んでくれました。
なんとなく、男性はKANGEN3とプリントされた英語バージョンを、女性は無地バージョンを好むのかなぁという印象。

購入は正規代理店Pure Smileで、
「ブログ見た」と必ず一言添えてどうぞ。
限定デザインです!


ニセモノじゃないですよ、
ほんとにここでしか手に入らないのです(笑)
この還元くんは絶対嘘だと思う方はオジカインダストリに電話して聞いてください!
小鹿社長にでも「本物ですか?ウソでしょ?」と確認してください。


※酸化還元電位(ORP)とは?
酸化還元電位というのは、その物質が他の物質を酸化しやすい状態にするのか、または還元しやすい状態にするのかを表す指標です。この値がプラスで大きければ酸化力が強く、マイナスが大きければ還元力が強いということになります。
簡単に言えば酸化(錆びる、腐る、老化を意味する)したものを還元する(元に戻す)能力を示す指標ということになります。
(還元くん3・チラシより)




健康法ランキング

この記事へのコメント

病気予防の筆頭は
 → 低電位水素茶製造ボトル・還元くんの利用 と考えます
水素とマイナス電子で身体を満たしましょう